梅雨の晴れ間

令和2年7月17日
九州から中国地方にかけての豪雨が去り、久しぶりの好天である。梅雨明けというのか梅雨の晴れ間というのか、いずれにしても晴れた日は気分が良い。「梅雨の晴れ間」という言葉が好きなのは、大学時代に男声合唱団で同名の曲を歌っていたからである。
「梅雨の晴れ間」は北原白秋が26歳の時に著した第2詩集「思い出」の末尾に「柳川風俗詩」として48の詩編がありその中の1編である。白秋の生家は江戸時代から続く商家だったが、大火により酒蔵が全焼し没落した。現在、柳川市に「北原白秋記念館、北原白秋生家」として保存されていて先年訪れたが、かつての富商家の様子がしのばれてしみじみしたものを感じた。
「梅雨の晴れ間」という詩を覚えているのも、故多田武彦氏が作曲し男声合唱曲としてずっと歌い続けられてきたからである。詩と音楽の分野で感性の優れた人同士の作品は、時を超えて歌い継がれるものなのだろう。
「梅雨の晴れ間」
廻せ 廻せ 水ぐるま/ けふの午(ひる)から忠信が/ 隈取赤いしゃっ面に/ 足どりかろく 手もかろく/ 狐六法踏みゆかむ 花道の下 水ぐるま…
廻せ 廻せ 水ぐるま/ 雨に濡れたる古むしろ/ 円天井のその屋根に/ 青い空透き 日光の/ 七宝のごときらきらと 化粧部屋にも笑ふなり
廻せ 廻せ 水ぐるま/ 梅雨の晴れ間の一日を/ せめて楽しく浮かれよと/ 廻り舞台も滑るなり/ 水を汲み出せ その下の 葱の畑のたまり水
廻せ 廻せ 水ぐるま/ だんだら幕の黒と赤 すこしかかげて なつかしく/ 旅の女形もさし覗く/ 水を汲み出せ 平土間の 田舎芝居の韮畑
廻せ 廻せ 水ぐるま/ はやも昼から忠信が/ 紅隈とった しゃっ面に/ 足どりかろく 手もかろく/ 狐六法踏みゆかむ 花道の下 水ぐるま