ピルについて

ピルは現在保険適応となっている中用量のピルと保険適応のない低用量ピルがあります。

ピルは本来小さな丸薬のことですが、今では避妊薬の代名詞になっています。

中用量のピルは日本でも以前から使われています。ホルモン治療に使われる場合は保険適応になりますが、避妊の目的で使われる場合は保険適応になりません。中用量のピルも避妊薬として使われてきましたが、ホルモンの量を最小限に近く減らした低用量ピルが発売されてからは、これが世界中で使われています。毎日1錠飲むことにより生理は正確に28日周期となり、生理の量も減り、生理痛が改善します。生理前の不快な症状なども改善します。これらの効用、副効用は実際に使用している多くの女性が実感しているところです。

副作用で問題になるのは、血栓症と乳がんになる可能性がわずかに上昇すること、飲み始めに吐き気、頭痛、乳房痛などが認められることなどがあることです。ただしこれらの症状は内服を続けていけばほぼ消失します。

メリットとデメリットを比べると、明らかにメリットが優ります。日本以外の国ではたくさんの女性が使っていて、世界中でこれほど使われている薬はありません。それゆえ利点・欠点がはっきりとわかっています。なぜ日本ではピルを怖がる人が多いのか理解できません。女性が自分で自分の生理、妊娠をコントロールできるとはすばらしいことと思います。

このページの先頭に戻る

緊急避妊ピル

コンドームの破損などで膣に精液が入り、妊娠する可能性がある時に内服します。
性交後72時間以内に中用量ピルを2錠内服し、さらに12時間後に2錠、計4錠を内服します。
妊娠率は内服しない場合の1/10ぐらいになります。
副作用として吐き気があります。
平成23年に、吐き気の少ないピルが発売されましたが、高価すぎるため普及が遅れています。

このページの先頭に戻る